FC2ブログ

プロフィール

ファーマー

Author:ファーマー
風とともに生きよ。 土とともに暮らそう。
3万円で軽トラ買いました。

※協調性はありません
※予想の斜め上をいくような、ぶっ飛んだコメントお願いします


カテゴリ


最新記事


最新コメント


月別アーカイブ


検索フォーム


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ゴミやな。使いもんならん。ゴミや。ゴミ。ゴミやゴミやゴミやゴミや。仕事の結果に対する評価はゴミとしか言われない。私の仕事の結果がゴミなのか私がゴミなのか、人間がゴミなのかゴミが人間なのかよく分からなくなってくる。年明けは私の方が調子良く立場が逆だったのに。以前できたことができなくなってる。スランプだな。友人は自分を追い込む為に会社に所属して、会社に所属してない私も友人と同じペースで仕事をしつつ叱責されたり励まされたり励ましたりしている。

会社員になってしまった友人は仕事を抜けられず、外せない合コンだから絶対出て欲しいとのことで5年振りに合コンに行った。合コンに外せるとか外せないとかあるのか。合コン慣れした友人からの指示が多すぎて頭がパンクしそうになりつつ知らない人ばかりの集まりに参加したが、いつも通り酔って絡んでしまうという最悪の結果に終わり翌日友人に詫びた。

そうだ。何故大阪で親友といるのかというと新年早々東京へ戻って2日で首になったのだ。正月休みを終え出勤すると新しい従業員が増えていて私は用済みになったらしい。従業員はそれぞれ何かしら不満を抱えており、そんな思いを抱かせる姪に極柔らかく諫言した私が首になったが最高の役目を引き受けたのではないかと思っている。そしてまた大阪へ。ガソリン代が馬鹿にならんぜ。

幸い一緒に仕事をしようと言ってくれる人が数人いる。利害関係が全く絡まないとこからの純粋な善意として。これは本当にありがたいことだ。繋がりは大切にしないとな。話しだけでもさせて欲しいというので仕事場まで行き少し手伝ったが簡単な仕事だった。「これで都内で暮らすのは大変かと思いますが」と言われつつ提示された額は思っていたより多く、こんなに貰っちゃっていいのかと問い返してしまった。私の生活を気遣ってくれて一部屋を宛がうとも言ってくれる。非常に魅力的だ。しかし丁重に断った。やはり親友を不義理にするわけにはいかんし普通に働いても面白くないというのも大きい。すると、近いうちに関西に大々的に進出するのでそこで働いて欲しいと言う。「じゃあ年収はこんくらいは欲しいですね」と冗談で言ったら少し考え、最終的にその1.5倍ぐらいまでは出せると思います、なんて真顔で言うから再度驚いた。人柄を信用してくれてのことらしい。信頼されると応えたくなる。
「僕に付いてきてくれたら後悔させません! 素晴らしい人生を歩んで頂けるかと思います!」
決め手は心意気だな。金でない部分が重要だ。このまま首尾よく進めば近いうちに関西支店で働くことになるかもしれん。ただ、やはりどこまで行っても人をあてにはしていない。それは信用していないということではなく、自分の人生は自分で生きる、ということが根底にあるからだ。当面は目の前のことを淡々とこなし、親友の仕事に歩合で真剣に取り組んでいよう。

人を玩べば徳を喪い物を玩べば志を喪う

期待することより期待しないこと、 身につけることより捨て去ることの方が大切だ。難しく考えてはいけないが、簡単に考えてもいけない。何にも考えないのはもっとよくない。じゃあどうすればいいんだ。 全てを削ぎ落とした結果、最後に残るものはなんだ。 深い哲学、志、エネルギーってどっこら湧いてくるんだ。毎日楽しく過ぎていくのだけど本当にこのままでいいのかと現状、この先、いろんなことで悩んでいる。もっとシンプルに、もっと熱く生きられるはず。この歳で壁にぶち当たり悩めるのはいいことだと信じたい。
 
「やる気が出ないだと?もっと悔しがれ」
シンプルだけどこれが一番響いた。

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。