プロフィール

ファーマー

Author:ファーマー
風とともに生きよ。 土とともに暮らそう。
3万円で軽トラ買いました。

※協調性はありません
※予想の斜め上をいくような、ぶっ飛んだコメントお願いします


おすすめ






カテゴリ


最新記事


最新コメント


月別アーカイブ


検索フォーム


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


田舎と都会の大きく違うところは、いろんな物が集約しているかしていないかだと思う。
それは、山や川という地理的な問題や、それを起因とする歴史的な背景なんかのせいだろうが、とにかく田舎はいろんな物が離れている。ちょっと市役所や岡山の方へ行くのも往復100キロ200キロ当たり前だ。

私が時速80㎞程で気持ち良くバイクで走っていると、前方に旧式の紅葉マークを貼った古いボロボロの軽自動車。運転しているのはかなりお歳を召された爺さん。
しかし、時速80㎞で走っていてもじりじりと離されていく。直線だけではない。減速無しに突っ込むのはかなりきついRのコーナーなんかでもだ。
しばらく後ろから観察するように同じペースで走っていたが、軽自動車は脇道に入って行ってしまった。私は直進してすぐ道路工事に引っ掛かって止められてしまったが、抜け道だったのだろう。爺さんの軽自動車はまた本道へと戻ってきて遥か前方へと走り去ってしまった。
これが慣れというものだろう。ここに限らず、田舎の道はどこも制限時速なんかおかまいなしで車が流れている。
そこをカブで走るのはなかなか恐い。時間にしてもカブだと倍かかる。

温泉まで25㎞
少し栄えた隣街まで35㎞
市役所まで50㎞
ハローワークまで80㎞
病院も隣街

バスも走っているのだろうが見た事はない。一日に二本とかなのかもしれない。
電車は通っていないので、必然的に車やバイクが必要になり、都会に比べてガソリン代が少し多くかかる。ガソリンもここら辺りの山間部は10円以上高い。10ℓ入れる度に100円多く支払う事になる。年間にすると大きい。

近所に一軒だけしかないスーパーもいろんなものが高い。ガソリンと同様に輸送費が多くかかっているのだろう。地元の野菜だけ安くて100円で山盛り買える。ちょっと値段を書いておくと、
Bライフの必需品であるカセットガス398円
しいたけ200円
漬物200円
豆腐100円
鶏肉100g 99円

隣街まで行けばダイソー、マクドナルド、オートバックスと何でも揃ってそこそこ栄えている。そこまでは前述の通り35㎞離れている。カブで行く時は安全の為に旧道と農道を使う。交通量はほとんどゼロに近い。
特に旧道は山の中の峠道で展望台もあって見晴らしがよく、木陰の中をカブでトコトコ走るのは最高に気持ちが良い。車は通らないので貸し切りだ。

隣街の大型スーパー、ラムーなんだけどこれが安くて助かる。すっかりラムーフリークスになってしまった。こちらの値段は、
カセットガス225円
しいたけ100円
漬物79円
豆腐29円
この前みかけた骨付き鶏肉は100g 29円

となっていて、このようにカセットガスを買いにいくだけでガソリン代を考慮しても安くあがる。食糧は買いだめが基本だ。

ここまで田舎で山のふもとの方に行くと、逆に近所付き合いはないに等しい。どこも家と家が離れていて間にあるのは田畑だったり林だったり。ただ農家の人達は農機具を共同購入して使い回している所もあり、そういう付き合いはあるのだろう。
人口密度が低い。人が少ない。人が少なければ会社もないし当然仕事もない。基本的に農業と畜産で成り立っている。仕事を続けながら田舎暮らしがしたいという人は、IC付近に住んで、高速道路を使って通勤すればいいだろう。
都会だと二台に一台はプリウス等のハイブリッドカーを見かけるが、ここでは二台に一台が軽トラだ。

他に気をつける事は、雪、マムシ、蜂、土砂崩れぐらいか。雨が降れば土砂崩れが起き、よく道端で工事しているのを見かける。
病院まで距離があるので、マムシに噛まれたらすぐに病院へ直行するべきだ。山に熊が出るのはあたり前で、そんな事で騒がない事。都会者だと馬鹿にされる。
雪を舐めていてはいけない。私の従兄も一人雪に埋もれて亡くなっている。冬は一晩で車が雪で埋もれてしまう事もある。

最近では介護施設もできているが、老後の事を考えると病院が近くて、交通の便がいい所の方がいい。

車屋はあるが、見るからにボロボロでやっているのかいないのかよくわからない店ばかり。バイク屋はない。基本的な整備は自分でできた方がいい。
車に限らず、建築や井戸掘り、造成なんかもできるだけ自分でやった方がいい。困った時にすぐ駆け付けてくれるような業者なんてない。百姓は百の仕事をするから百姓っていうのを何かで読んだ気がする。山で暮らす、田舎で暮らすというのはそういう事なんだと思う。

田舎の近いというのは都会の近いとは距離が違っていて、25㎞離れた温泉でも近いってみんな言っている。

スーパーやガソリンスタンドの店員はみんなとてもゆっくりしている。田舎は時間の流れがゆっくりだ。まさにスローライフ。

コメント

大型スーパー

ファーマーさん、毎度です。

「ラムー」。安いですね。

東京でも話題になる位の格安スーパーに引けを取らないと思います。

でも35kmは結構な距離ですよね。

渋滞は余り無いだろうから時間の計算はできそうですね!

たしかに、緊急時の事を考えると病院は近いにこしたことは無いですよね。

自分は、スズメバチは想定してますが、マムシは考えていませんでした。

見たことも無いっす。

見たことあるのは青大将だけ・・・・・・(汗)。

「百姓」。

本来、生活全般をなるべく自分でやろうとするとそうなるのでしょうね。

現代社会は、お金を使ってそれを他人にやってもらう。

利便性の高い機器を使い時短する。

出来た時間で「労働」して「給料」貰って・・・・。

はぁ~。考えちゃいますよねぇ~。

ラムー安いですね。近所にあればいいのですが。
マムシも最近は減ってきているようです。
井戸は自分でできなければ、人にやってもらうか、機械を買わないといけません。どうしよう。

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 | BLOG TOP |