FC2ブログ

プロフィール

ファーマー

Author:ファーマー
風とともに生きよ。 土とともに暮らそう。
3万円で軽トラ買いました。

※協調性はありません
※予想の斜め上をいくような、ぶっ飛んだコメントお願いします


カテゴリ


最新記事


最新コメント


月別アーカイブ


検索フォーム


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


四万十市で最高気温が41℃とか熱帯夜とかニュースでは言っているが、それが本当に信じられなくて、もうここは涼しくなってきている。小屋内は一時的に31℃を記録したが、だいたい30℃以上にはならない。外はもっと涼しい。たまに乾いた風が吹いて気持ちいいし、夕方になるとひんやりしてくる。夜は読書に最適な秋の気候そのもので、明け方は毛布がないと寒くなる。暑いのは日中の数時間程度だけだ。

キャンピングカーで山の方へ行こうと思ったけど、よく考えたらポットで苗木を育てているので、水遣りしなといけないから出かけられなかった。

画像はないんだけど、あれから井戸をほんの少しだけ掘り進めていて、そこにずっと雨水が溜まっている。雨が降らなくなってもう二週間近く経つが、水は溜まったまま。次は、長靴と合羽を着て掘らないといけないが、もう少しで畑の水やり程度の水はすべて井戸で賄えるようになるだろう。さらに掘削機で三~四メートル程掘れば、飲用できる水が出るはず。一応、土地すべてダウジングしながら歩いた結果、山の方から一直線に水脈が来ているようだ。市役所の井戸掘り担当の人いわく、ダウジングは八割方当たるとの事。

この土地は幸いな事に県道に接していて、ツーリングライダー達がよく通る。しかし、接道している所から1.5m程低くなっている。例えば、キャンプ場にしようとすると、この1.5m分を真砂土や砂利なんかで埋めないと車の乗り入れは不可能だ。それにトイレを作ったり浄化槽を設置したり、井戸を完成させて水道を引っ張ってこないといけない。ただ将来的には、ここを土で埋めてしまって、野菜と果物の直売所を作りたいと思っている。もっといいのは、簡単な小屋を作って、ツーリングライダー達が素泊まりできる施設を作る事だ。ただ、前述の通りやる事が多くて実行しないと思う。
DSC_4124.jpg

我が家がある側も、道路より低くなっているので、真砂を入れて勾配をつけている。勾配をつける前は軽トラでなかなか上がれず苦労した。この真砂や石は土地一面に埋まってあるので、畑を作る時にひたすら掘り返したものを一輪車で運んで使用している。この真砂と石さえ無ければ、今頃全面耕し終わってるのではないかと思う。今はトマトの苗が50本程植えられるぐらいには耕している。ざっくりとした見積りではあるが、トマト農家の10分の一程度の面積しかないが、生活サイズも10分の一ぐらいなので全面でトマトを収穫できたとすると、トマトだけでやっていけるようになるはず。
DSC_4119.jpg DSC_4117.jpg

左半分が切り拓いた所。
DSC_4120.jpg

でもまだまだ終わりそうにない。
DSC_4121.jpg

綺麗な花だけど、人の土地に勝手に植えるなよ。税金の無駄遣いしやがって。これも伐採する予定。
DSC_4126.jpg

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。