プロフィール

ファーマー

Author:ファーマー
風とともに生きよ。 土とともに暮らそう。
3万円で軽トラ買いました。

※協調性はありません
※予想の斜め上をいくような、ぶっ飛んだコメントお願いします


おすすめ






カテゴリ


最新記事


最新コメント


月別アーカイブ


検索フォーム


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


何かに人生を懸けた人が好きだ。壮大な事だけに限らず、どんなしょうもない事でもいい。例えば腹筋をボコボコに割る事だけに人生を懸けた人でも、ゴミクズをいかに外さずにゴミ箱に投げ入れられるか、みたいな事でもなんでもいい。

退屈に埋没してしまい、無駄な時間から逃れられずに過ごしている大半の人とは違い、何かに人生を懸けてしまった人は、それを成し遂げるには一生の間に許された時間だけでは短いと感じていて、そこに人生の儚さであったり、美しさであったり、また、目的を達成するために完璧に体系化された知識の深さであったり、そういうものに人間としての魅力を感じてしまう。

「人間として生まれた以上、どれだけのことができるか試してみたい」

小学5年生の時に、100所帯のマンションを建てる事を決意した沢田嘉農さんの人生。製材の仕事をして木材について学び、誰に習うでもなく独学で建築を始める。結婚してからは妻の裕江さんに建築を教え、家を建てては売って資金を作り、時には詐欺に遭いながら、夫婦二人で資金難の中マンションを建築し続ける。

車で各階まで上がれるスロープ。屋上は野菜畑と水田。住人は自由に室内改造可。

「100人の味方より1人の敵をつくるな」
その信条から、詐欺に遭っても裁判は起こさなかった沢田さん夫婦。

「困っている人ほど助けてあげなければ」
家賃は安く、保証人、更新料なし。家賃は入居時のまま据え置きなので、10年前の家賃のままの1万3千円の入居者。年金暮らしの高齢者、体が不自由な人、シングルマザー、夫による家庭内暴力を逃れてきた女性を入居者に選ぶ。

娘ができると、娘にも手伝わせ、娘が結婚すると娘婿も加え、家族一丸となって100所帯を目指し、ユニークなマンション建築は続いていく。


コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 | BLOG TOP |