プロフィール

ファーマー

Author:ファーマー
風とともに生きよ。 土とともに暮らそう。
3万円で軽トラ買いました。

※協調性はありません
※予想の斜め上をいくような、ぶっ飛んだコメントお願いします


おすすめ






カテゴリ


最新記事


最新コメント


月別アーカイブ


検索フォーム


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



光熱費なんてガス代だけでほとんどかからないんだけど、さらに節約するために近頃は木炭を使っている。木炭は、品質がばらばらなので、ラムーで買ったのはすぐ燃え尽きるんだけど、コーナンで買ったのは一回で二時間ぐらいはそこそこの火力を保ってくれる。一回の使用で30円ぐらいだが、米を炊き、おかずを調理し、水を一リットル沸かしてポットで保温しておき、最後に芋も焼ける。保温するためにポットを買った。こんだけ使えば無駄はないし、ガスに比べると圧倒的に安くあがる。煮物や鍋にも最適。厚紙を燃やせば着火も楽にできる事に気付いた。カセットガスを包んでいる厚紙を使うのだ。

ポットは朝に熱湯を入れとけば晩まで保温できるやつ。便利すぎて今までウイスキーのお湯割りを作るたんびにお湯を沸かしていたのがアホらしくなるわ。何故もっと早く買わなかったのか。燗する時は銚子をコップの中に入れてお湯の節約。夏は汲んできた水を入れておけば一日冷たい水が飲める。

カセットガスは中~強火の間ぐらいの火力で使用すると約一時間使える。極弱火~弱火くらいで四時間ぐらいか。それでガス代が計算できて、一回米を炊くと約12.5円になるはず。

地域によってかなり差があるけど風呂を一回250ℓ沸かすと、当時私が住んでいた所ではこれぐらいに金額になった。水道代は一回40円。さすがにLPガスは高すぎるので、電気で沸かすやつを使って節約していた。
灯油   90円
都市ガス 105円
LPガス 270円
電気   176円

今住んでいるところで無料の温泉に行く場合、ガソリン代で300円かかっている。来年は風呂を作って、木炭も作りさらなる節約をしよう。


コメント

某ブログの拾いですが、参考までに

●炭のベテランブログから、http://smilekun.naturum.ne.jp/ 今までに使った炭は?
①ホムセンの激安炭・・・すぐに火が付き燃えきる。安くてよく爆ぜ、細かくバラバラに。
②ホムセンのオガ備長炭― 着火難しい。爆ぜずに4~5時間安定。5kg1000円位
③通販のオガ備長炭・・・②と同じ。性能変わらず、ホムセンより安い。
④備長炭(3種類試した) ・・・値段が高い。かなり着火が難しい。長時間もつ。
⑤マメタン・・・すぐ火が付く。短命だが安いので割り切って使う。形が使い易い。
⑥岩手切炭・・「持続時間・爆ぜ」を考えても、高いのでホムセン炭とのメリット差は微妙。
⑦オガライト・・・短命・値段は安い。着火時に黒煙を出しコッヘルが真っ黒。デカイ!

今まで試行錯誤をしながら、色々な組合せで使ってきました。お金も使いました
持続時間とコストパフォーマンスにこだわります。
その筋の専門家の方が語っていますが・・・火力は違いが分かりません
私が現時点で落着いた 「炭えらび」は??

「ホムセン激安炭」と「通販オガ備長炭」の合わせ技です!
着火剤で「一握りのホムセン炭」に着火。火が回ってから「オガ備長炭」を乗っけるだけ。
注:着火剤はダイソーの16片100円。ホムセン炭を抜くと着火に困難を極めます

求めるものは?夕方に火を入れて寝るまでの時間をカバーし、少ない炭で十分楽しむ事。
他にもっと良い組合せがありましたら是非教えてください!

どうもです。
wikiからの引用です。
>七輪の場合は3時間ほど、練炭コンロの場合は4〜5時間ほど、火鉢の中に入れた場合は約8時間もつ。豆炭あんかや、豆炭こたつの場合はほぼ1日もつ。着火剤付きでないものは火がつきにくい。着火剤付きの豆炭は簡単に着火出来るが割高である。

後は知りません。私は今後、安い豆炭を多用していきます。

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 | BLOG TOP |