プロフィール

ファーマー

Author:ファーマー
風とともに生きよ。 土とともに暮らそう。
3万円で軽トラ買いました。

※協調性はありません
※予想の斜め上をいくような、ぶっ飛んだコメントお願いします


おすすめ






カテゴリ


最新記事


最新コメント


月別アーカイブ


検索フォーム


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


博徒

(このブログは全てフィクションです。日本では、賭博は法律で禁止されています)

まだ幼い頃、じゃれついて父の肩に触れた時の事だ。
「勝負師の肩に触るなっ!」
一喝された。普段は怒る事ない、温厚な父に、である。事実、父は勝負師であり、また、博徒であった。

先刻まで夕飯を食べていた父の姿が見当たらない。階段の方に目をやると、二階から灯りが漏れている。階段を駆け上がり、寝室に飛び込んで息を呑む。

日本刀の刃先にキラリと反射する蛍光灯の光を見たのだ。父は刀に打粉をかけながら、ちらと顔を向けるが私をみやるでもなく、
「たまには油塗らな錆びるんや」
そう呟いた。その姿は、ひたすらに一心であった。私の口を閉じさせる凄みがあった。

二十年の後、その所作の本当の意味を知る事になる。
知人を前に、酒を飲んで顔を真っ赤にした父が語った。
「負けが込んでくるやろ、どうしても落ちついてられへんようになる。刀を出して、精神統一して油をスッと塗る。そうすると不思議とリズムを段々取り戻す。また勝てるようになる」

「給料が月に六万しかなかった頃、麻雀で二十万稼いできて食わせとったんや」
幾度となく聞かされた話だ。
私は、そんな父にこう言われて育った。
「人間、遊んで暮らさな損やで。まっとうに生きるなんてアホらしい」

時を経て、私もまた、博徒になった。とある法則を発見し、月に三十万の金を得ていた頃もある。日経新聞の小さな記事から気付きを得て、二百万を得た事もある。数千万張って、数百万が揺れ動く。勝つばかりではない。勝てば贅を尽くすが、負ければ貧する。当然の事である。所詮は泡銭、最後には手元に残らないのである。遊んで暮らしたり、働いて暮らしたり。山あり谷あり。人より高いが落ちるのも、また、深い。

この地へ来る半年程前に、負けが込んで、一月で最後の泡銭、二百万を失った。そして慚愧の念と共に、思いを噛み締めた。博打など辞めよう、と。畑でもして暮らそう。

しかし、何故かまた博打をしていたのである。もう辞めたはずでは無かったのか?
意思薄弱。されど、僥倖。谷に転がり落ちてなお、救われる。
戦国時代、戦に備えた野武士達が、農民の姿を隠れ蓑にしていたように、私もまた、農民のふりをしていただけであったのだ。
本日、百万を得た。これを種銭に、動乱に乗じてさらに稼いでやろうと。性懲りもなく考えている。

コメント

どんな事になるのか続きが楽しみです。
私も博奕が好きなので、こういうジャンルのブログで
まさか博奕の話題が出るとは思わず、興奮しています。(笑)

コメントどうもです。
次は中国か、アメリカの債務か。二、三年ぐらい先ですかね。
それまで何もせず待つつもりですが、ブログが続いているかどうか。
勝てば続きを書きます。

どうでもいいコメントは邪魔でコメント入れるな・返事もウザい面倒クサイんじゃなかったの?
自分で言っておいてなんじゃそりゃ?な人間ですな
もうタイトルを軽トラで野垂れ死に日記と変えたほうがいいよ

> どうでもいいコメントは邪魔でコメント入れるな・返事もウザい面倒クサイんじゃなかったの?
> 自分で言っておいてなんじゃそりゃ?な人間ですな
> もうタイトルを軽トラで野垂れ死に日記と変えたほうがいいよ

このブログにぴったりな素敵なタイトルですね。検討してみます。他に意見はありますか?

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 | BLOG TOP |